施術の流れ

視力回復方法の一つにレーシックという施術が存在します。レーシックの施術をすることで、メガネやコンタクトレンズといった視力矯正器具を使用しなくても視力が良くなります。
施術の方法は、レーザーを眼球に照射させ、角膜をうすく削っていきます。そうすることで、屈折力を調整することができるようになるので、視力回復効果を得ることが出来るということです。日本でも近年広く行なわれるようになった施術ですが、アメリカではもっと広く普及していて、一年間に約130万件もの手術が行なわれています。

施術を行なう流れに関してですが、施術を行なう前に麻酔の目薬をさします。そして開眼器というものでまぶたを開かせます。そして、レーザーを照射させて蓋を作成します。蓋をめくって、視力に合わせて再びレーザーを照射します。

最後に消毒を行ない、施術が完了します。

この施術は短時間で行うことが可能となっています。そのため施術当日に帰宅することが出来ますので、今までと変わらない日常生活を送れます。
ただ、当日は安静にしておくことが大切です。車の運転、長時間のテレビやパソコン、メイクなどは控えましょう。メイクに関しては、翌日以降行なうことができますので、安心してください。

施術を行った後も、ねんのため、眼科で検診を受けるようにしましょう。
施術を行なうまではドキドキしますし、不安に思うこともあるでしょう。しかし、その不安の先には夢の視力回復があなたを待っています。